※このページはGoogle Chrome、画面サイズ(ピクセル)1920×1080、色温度9300Kで表示確認をしております。

※本文中の画像に関しては、制作会社、肖像権者、テレビ局、所属事務所等に著作権があります。

※本日記での画像使用は著作権の侵害を意図したものではありません。

※登録内容に問題がある場合は、プロフィール内のアドレスまでご連絡ください。

※「名無し」、「通りすがり」等の捨てハンでメッセージをいただいても基本的に削除します。

※意味不明なコメントをいただいても承認しません。

●This page is carrying out the display check with Google Chrome, the screen size (pixel) 1920x1080, and the color temperature 9300K.

●There is copyright in a work company, a portrait rights person, a television station, an affiliation office, etc. about the picture in the text.

●Use of images in this diary, there is no intention to infringe copyright.

●When there is a problem in the contents of registration, please contact the address in a profile.

●Even if it obtains a message in handle names, such as "namelessness" and "passing", it deletes fundamentally.

●It does not recognize, even if it obtains an incomprehensible comment. I recommend you to go into an appropriate institution.

ミンキーモモさんがお亡くなりになりました。

 
いや、実はフィクションの話。
実際に死んだわけじゃない。
劇中では死んだけれど。
でも、この「ミンキーモモの死」ほどに衝撃的な、
仮想世界での人間の死というものに、
私は出遭ったことがない。
あの「無敵超人ザンボット3」や「さらば宇宙戦艦ヤマト
でさえ、そのインパクトは「ミンキーモモ」に遠く及ぶものではない。
そのくらいすごかったし、リアルタイムで見ていた私はショックを受けた。
夕方から放送されている魔法少女もので、まさかこんなことをやるとは……。
ただ、私がショックを受けたものの正体とはそれではない。
モモの死は、我々人類の原罪を一手に引き受けたがために起きたものだったのではないかという気がしたのだ。
モモは、地球人類に夢と希望を与えるためにフェナリナーサからやってきた。
人間たちが夢や希望を持ったとき、おとぎの国、夢の国であるフェナリナーサは地球に戻ってくる、
という設定である。
ところが物語が進むにつれ、どうやってもフェナリナーサが地球に戻ってくる気配がなくなっていくのだ。
魔法のプリンセス ミンキーモモ」の世界はフィクションでありながら、
我々実在の人間が生きているノンフィクションの世界と、ある意味似ているのである。
 
魔法を使う女の子がやってきました。それによって人々は夢や希望を持つようになりました……。
現実世界で、そんなことがありえますか?
おそらくないと思います。
魔法少女が現れたところで、人間は変わらないし、世界も変わらないでしょう。
「人類全部をニュータイプにする」と言っても不可能でしかない世界と相似形なんですよ。
だから、そういう部分では「ミンキーモモ」の世界はリアルです。
もし「ミンキーモモ」の世界がこの現実世界を映し出しているものだとして、
夢や希望を持つことを忘れてしまった我々のせいで、誰かを押しつぶし、
死に追いやっているということはないのだろうか?
そういう疑問が、常に頭をよぎります。
世の中の夢や希望を奪っているのは誰なのか? それは自分自身ではないのか?
そう思うと、「ミンキーモモ」が単なる寓話やその類のお話で済まないような気がして、
初回放送から30年近くが経つというのに、未だに心の中にある「何か」を解決できずにいます。
 
たかがアニメ。だけれど、何かを考えるきっかけを与えられたということでは、
この作品を超えるものはほぼ皆無ではないのかとすら思う。
 
「だって夢や希望は自分が持つものでしょう? 人からもらうものでも人にあげるものでもないわ」
 
重いね、このセリフ。
うん。