※このページはGoogle Chrome、画面サイズ(ピクセル)1920×1080、色温度9300Kで表示確認をしております。

※本文中の画像に関しては、制作会社、肖像権者、テレビ局、所属事務所等に著作権があります。

※本日記での画像使用は著作権の侵害を意図したものではありません。

※登録内容に問題がある場合は、プロフィール内のアドレスまでご連絡ください。

※「名無し」、「通りすがり」等の捨てハンでメッセージをいただいても基本的に削除します。

※意味不明なコメントをいただいても承認しません。

●This page is carrying out the display check with Google Chrome, the screen size (pixel) 1920x1080, and the color temperature 9300K.

●There is copyright in a work company, a portrait rights person, a television station, an affiliation office, etc. about the picture in the text.

●Use of images in this diary, there is no intention to infringe copyright.

●When there is a problem in the contents of registration, please contact the address in a profile.

●Even if it obtains a message in handle names, such as "namelessness" and "passing", it deletes fundamentally.

●It does not recognize, even if it obtains an incomprehensible comment. I recommend you to go into an appropriate institution.

余計なオハナシ

 
この前の「マツコの知らない世界」は少女マンガの特集で、
少女マンガの主人公の特徴のひとつとして「性的行為の起こる頻度が非常にまれ」というのがあった。
 
もしかしたら、アイドルって少女マンガの主人公じゃないのか?となぜか思った。
一応恋愛禁止で性的行為が起こる可能性が少ないことでは共通している。
で、性的行為(恋愛行為?)の発覚したアイドルはほとんどが人気を失って転落していく。
それは少女マンガの主人公としての資格を失ったからではないのか?という考え方もできそう。
主人公じゃなくなるってことは、その物語はそこで終わるということなので。
だから人気がなくなるのかな〜、なんて。
 
ホント、どうでもいい余計なオハナシ。