※このページはGoogle Chrome、画面サイズ(ピクセル)1920×1080、色温度9300Kで表示確認をしております。

※本文中の画像に関しては、制作会社、肖像権者、テレビ局、所属事務所等に著作権があります。

※本日記での画像使用は著作権の侵害を意図したものではありません。

※登録内容に問題がある場合は、プロフィール内のアドレスまでご連絡ください。

※「名無し」、「通りすがり」等の捨てハンでメッセージをいただいても基本的に削除します。

※意味不明なコメントをいただいても承認しません。

●This page is carrying out the display check with Google Chrome, the screen size (pixel) 1920x1080, and the color temperature 9300K.

●There is copyright in a work company, a portrait rights person, a television station, an affiliation office, etc. about the picture in the text.

●Use of images in this diary, there is no intention to infringe copyright.

●When there is a problem in the contents of registration, please contact the address in a profile.

●Even if it obtains a message in handle names, such as "namelessness" and "passing", it deletes fundamentally.

●It does not recognize, even if it obtains an incomprehensible comment. I recommend you to go into an appropriate institution.

三ツ矢雄二のゲイ・カミングアウトを受けて。

 
そういえば昔のマンガや小説にはゲイを「その趣味の人」「そっちの趣味の人」
とか呼んでるシーンがあって。
今から考えると「趣味」じゃないんだよね。
人にはいろいろあって、肉体が生物学的には男の人、女の人、両方混ざってたり両方ともなかったりな人。
(本当にいるのだ、マンガだけの話ではないのだ)
心の中も男な人、女な人、どっちでもなかったり混ざってたりする人。
恋愛する相手が男な人、女な人、どっちでもなかったり混ざってたりする人。
たとえば肉体が男で心の中も男だけど、恋愛対象が男っていう、そういう人もいる。
場合分けだけならはっきり「こうだ!」と言えない選択肢のほうが多いわけで……。
人の多様性を無視して、世の中で「正常とされていない選択肢に当てはまる人」を「変な趣味」のひとことで片づけるのはいかがなものだろうか?
趣味じゃないから矯正も不可能だし……矯正と聞くと「この世はなんと住みにくいのか!」と感じずにはいられないわけで。
ゲイの人のあり方とか考えると、やっぱりリボンの騎士の表現がぴったりなわけで、
いやあ、手塚治虫は偉大だったのだ。先見の明があったのだ。
 

 
「変な趣味」で片づけてしまっていた人(私も含め)は、一度謝罪をしないといけないのではないだろうか。
まあ、たぶん、今ではそういう偏見はないとは思うけど、無意識に何かやっちゃってたらごめんなさい。