※このページはGoogle Chrome、画面サイズ(ピクセル)1920×1080、色温度9300Kで表示確認をしております。

※本文中の画像に関しては、制作会社、肖像権者、テレビ局、所属事務所等に著作権があります。

※本日記での画像使用は著作権の侵害を意図したものではありません。

※登録内容に問題がある場合は、プロフィール内のアドレスまでご連絡ください。

※「名無し」、「通りすがり」等の捨てハンでメッセージをいただいても基本的に削除します。

※意味不明なコメントをいただいても承認しません。

●This page is carrying out the display check with Google Chrome, the screen size (pixel) 1920x1080, and the color temperature 9300K.

●There is copyright in a work company, a portrait rights person, a television station, an affiliation office, etc. about the picture in the text.

●Use of images in this diary, there is no intention to infringe copyright.

●When there is a problem in the contents of registration, please contact the address in a profile.

●Even if it obtains a message in handle names, such as "namelessness" and "passing", it deletes fundamentally.

●It does not recognize, even if it obtains an incomprehensible comment. I recommend you to go into an appropriate institution.

ライントランスによってCDの音が良化する理由

 
理由というか仮説が二つある。
 

  • イントランスによってアースのループが断ち切られるために音がよくなる

トランスは電磁誘導によって信号やエネルギーを伝達する部品である。
電線が接触していない。
ちなみに普通に接地されているプレーヤー−アンプの系ではアースがループしているのでノイズが乗っている。
イントランスを入れることでプレーヤーとアンプの間の接触がなくなるためノイズの伝達がなくなる、というもの。
まあ理屈の上ではそうなのだが、実際にこれが証明されているかというとあやしい。
接触がない状態で信号だけ伝達したいのであれば、たとえば同軸ケーブルの間にトランスを挿入しても効果はあるはずだ。
同軸ケーブル用のトランスは市販されてる)
あるいはトランスではなくフォトカプラを入れても同様の効果は望めると思うのだが……たぶん誰も検証していない。
これが正しいのならば同軸ラインに入れようがアナログラインに入れようがプリアンプとパワーアンプの間に入れようが
効果は同等ではないのだろうか?
(ていうかこの論が正しいのなら光接続するだけで劣化は起こりえなくなる……よね?)
この説を信じているオーディオメーカーの技術者は数多い。
 
もうひとつは

  • デジタル信号をDA変換する際に発生する高調波ノイズが音を汚している

というもの。
これならばDACの違いでCDの音が変わるのも説明できるし、デジタルの音は同じはずなのに
プレーヤーによって音が違うのも説明できる。
この変換時のノイズをキャンセルできる(電磁誘導の信号伝達の際にノイズだけカットする)ので音がよくなる説。
であれば、この場合のライントランスDACよりも後段に入れなければ効果がないことになる。
同軸でデジタル信号を送っているラインにトランスを入れるのは無意味だということだ。
 
さて、どちらが正しいのだろうか?
あるいは両方とも正しいのか?
それとも両方とも間違っているのか?
誰かやってみたまい。